四国情報管理センター株式会社採用サイト

当社の仕事(職種紹介)

仕事の流れ

当社では異なった職種の社員が協力することによって事業が成り立っています。
ご提案
お客様のビジネスを理解し、ニーズに合わせたシステムを提案します。主となるのは営業職の社員ですが、技術的な説明などではエンジニアも支援を行います。
ご契約
ご提供するシステムの価格や納期、納品後のサポート内容などをお客様と交渉し、契約をまとめます。
システム設計
データや処理の流れなど必要な機能を実現させるための仕組みや画面レイアウトなどを考えます。
プログラム
設計で決定した内容に沿って、プログラミングなど様々な手法を駆使してシステムを作成します。
ネットワーク構築
システムを動かすために必要な機器(サーバーなど)の設定やセキュリティを考慮したネットワークの構築を行います。
テスト
システムがお客様の要求どおりに動作するかチェックします。機器やネットワークの動作ではネットワークエンジニアがテストを行います。
納品
システムの機能や操作について説明し、その後、お客様が運用する環境でシステムを稼働させます。
保守
お客様にシステムの運用状況を確認したり、メンテナンスや障害対応、バージョンアップを実施します。

当社の仕事

営業

業務内容

営業の仕事を簡単に言えば「商品をお客様に販売すること」ですが、業務内容はそれほどシンプルではありません。市場のニーズを的確にキャッチし、提供する商品をよく理解し、お客様に有益であると感じられるように提案しなければなりません。幅広い商品知識を持ち、社内のエンジニアやパートナー企業との連携を取り、仕事全体をマネジメントする。それが営業の役割です。
お客様との取引形態によってアプローチの方法は様々ですが、最終的にはお客様の業務の改善・作業の効率化につながるシステムの提案を行い、受注することが仕事の目的です。

お客様と一緒に考え、形にしていく

営業の仕事で、まず基本となるのは「お客様の課題を聞き出し、新たなシステムのイメージを共有すること」です。お客様の立場に立って一緒に悩みながらシステムのイメージを形にしていく。これにより提案内容への理解が深まり、お客様との距離感を縮めることができます。
お客様の要望を実現できるかどうかは、システムを作るエンジニアだけでなく、営業の提案力にも掛かっています。業界の動向や導入事例を交えた説得力のある提案を行うためには日頃からの情報収集は欠かせません。
営業社員

様々な地域で、たくさんの人と出会う仕事

大阪市内にある関西センターに勤務し、自治体向けソリューションの営業をしています。主に当社が開発したパッケージシステムの拡販(間接販売)を進めており、1年の半分は全国各地を周って各地域のパートナー企業と営業活動を行っています。
営業の仕事の中で最も大切なことは信頼関係の構築だと私は考えています。エンドユーザーやパートナー企業に対しては、きちんと相手のことを理解し、必要とされる情報を迅速に提供しなければ頼りにはされませんし、フットワークが軽く、責任を持って対応できる会社と信じてもらえなければ、当社のソリューションを取り扱って(購入して)いただくことはできません。パートナー企業とエンドユーザーの両方の立場を考えながら営業活動を進めていかなければならないのは難しいところですが、地域性や個々のパートナー企業の特徴を当社の強みとマッチさせて相乗効果を生み出していくことが、この仕事の醍醐味でもあります。

慢心せず最後までやり遂げる

ある自治体のお客様に当社のパッケージシステムを提案させていただいたときのことです。この案件は以前からどうしても当社で受注したいと強く思っており、特に力を入れて取り組んでいました。しかし、結果はプロポーザルで競合他社に負けてしまいました。振り返ってみると、お客様への提案やデモンストレーションの感触から商談途中にも関わらず、「きっと大丈夫だろう(受注確度は高いだろう)」と心に大きな隙を作ってしまったことが失注の一因で、自身の詰めの甘さにとても悔しい思いをしました。
商談では、お客様の潜在的なニーズの掴み具合で提案依頼から早い段階で大勢が決まってしまうこともあれば、順調に事が運んでいたのに思わぬ出来事であっという間に状況が覆ってしまうこともあります。受注獲得のためには最初から最後まで気を抜かずに仕事をやり遂げる意志が重要です。

行動や言動の「重み」が信頼につながる

お客様の信頼を得るためには会社だけでなく、私自身のことを信じてもらう必要があります。嘘をついたり、出来ない約束をしたりすれば、たちまち信頼を失ってしまいますし、どれだけ正しいことを言っても言葉や態度が軽薄であれば何も信じてもらうことはできません。自身の言動や行動の「重み」が積み重なって、「この人に相談してみよう」と思わせるような人間として認められると思います。
また、お客様との距離を縮めるためには、自ら心を開いて話をすることも大切です。例えば、自身の生い立ちや郷土に関する話は、遠方のお客様に関心を持っていただける話題の一つで相手と心を通わせるきっかけになることもあります。

私の一日

8:20 出社
8:30 伊丹空港に移動
11:00 新千歳空港に到着(移動中はメール確認など)
12:00 移動、昼食
13:00 客先訪問(北海道某町役場)
健康管理システムの商談でパートナー企業の担当者と一緒に業務のヒアリングやシステムのデモンストレーションを実施しました。システム構成や価格面の交渉など案件を徐々に具体化させていきます。
18:30 移動
19:00 パートナー企業との食事会
パートナー企業の担当者と北海道の美味しいイカやホタテなどを食べながら、活動の振り返りや今後の対応について意見交換。地元の美味しい料理が食べられるのは出張時の楽しみの一つ。
21:00 宿泊するホテルに移動

当社の仕事

システムエンジニア

業務内容

お客様の業務内容を分析し、それぞれの課題にあわせたシステムの企画・構築・運用を行うのがシステムエンジニアの仕事です。当社が開発する製品は、業種や用途に特化したアプリケーションシステムですので、お客様の業務内容やシステムを構築する目的を担当エンジニアがしっかりと把握しておかなければなりません。また、システムエンジニアは、「会社でプログラミングばかりしている」と思われがちですが、お客様との打ち合わせや問い合わせ対応など人と接する機会も少なくありません。

周りと連携しながら、チームで仕事を進める

システム開発はチームリーダーを中心に複数のメンバーと一緒に取り組みます。さらに、プロジェクト単位で見れば、営業やネットワークエンジニアなど他の職種の社員とも連携して進めることになります。そういった環境で仕事をするためには、与えられた仕事を漠然と処理していくのではなく、チームにおける自身の役割を理解し、連携するメンバーの動向を把握しながら仕事を進めていかなければなりません。システムエンジニアは、テクニカルスキルに加え、コミュニケーションスキルも求められる職種なのです。
社員紹介:システムエンジニア

お客様の希望を実現する仕事

地方自治体向け健康管理システム「LOGHEALTH21/ADU」の構築やサポート作業を担当しています。健康管理システムは自治体様によって検診や問診などの管理内容が異なるため、導入いただくお客様の運用により個々の設定が必要です。お客様の"これがしたい、あれがしたい"の実現方法を検討し、システムを設計・構築するのが私の仕事です。現場のお客様と接することが多いので、知識だけでなく、身だしなみや清潔感など社会人として基本的なマナーも大切だと感じます。システムを導入いただいた後も、国や県様式の資料の情報提供など、システムをより効果的に運用いただけるように心がけています。遠方への出張もありますが、全国に「LOGHEALTH21/ADU」を広めるべく日々頑張っています。

苦労をした分、達成感も大きい

入社当初はプログラミングの経験が無かったため、開発に必要な技術の習得が大変でした。しかし、システムが完成したときは、開発チームの一員として一つの製品を作り上げたという大きな達成感がありました。現在でもパートナー企業様やお客様からシステムの運用について質問や相談を受けたとき、開発当初から携わっているからこそ即答できることもあり、過去の経験が活きていると感じます。結果、お客様から「システムを導入して、業務が非常に楽になった!」とお褒めの言葉をいただくと、「この仕事をやって良かった。次の仕事も頑張ろう!」という気持ちが湧き上がりますね。

大切なことは感謝の気持ち

仕事では人間関係を大事にしています。仕事は独りではできません。先輩や後輩、営業、そしてお客様も含めて、多くの方々の協力が必要です。システムのカスタマイズなどでは無理なお願いを関連部署に依頼することもありますが、お互いが納得できるようにきちんと説明すること、感謝の気持ちを忘れないことを心がけています。また、仕事は同じ職種であっても担当する業務によって難しさも魅力も違ってきます。その中で自分なりに楽しむポイントを見つけていくことが大切です。

私の一日(出張先にて)

8:30 客先訪問・挨拶
9:00 システム更新作業・動作確認
お客様からの要望や修正依頼に関してシステムの更新作業を行います。作業は事前に作成した手順書に基づいて行いますが、必ずバックアップを取り、緊急時には戻せるように準備しておきます。更新後には動作確認を実施します。
12:00 昼食
13:00 更新内容についてお客様へ説明
今回更新した内容をお客様へ説明します。操作方法に変更があれば、併せて操作説明を行う事もあります。
15:00 問い合わせ対応、運用指導など
17:30 作業報告説明、報告書を提出して帰宅

当社の仕事

ネットワークエンジニア

業務内容

ネットワークを構築し、安心・快適に利用できるように運用をサポートするのが、一般的なネットワークエンジニアの仕事ですが、当社の場合はそれだけではありません。当社が所有するデータセンターの運用、ハードウェアの組立据付・点検保守・修理など様々な業務を担当しています。もちろん、社内ネットワークの管理もネットワークエンジニアの役割で、社員の業務が滞りなく円滑に行えるように日々サポートしています。

時代の変化に応えられる環境を構築する

一つのネットワークシステムを構築する場合、環境の異なる様々な利用者の利便性を追求することになります。利用者それぞれに必要な条件や要望を把握し、全体として無駄のないネットワークシステムを構築していかなければなりません。そのためには、ネットワークをマクロ的な観点で全体像を見渡し、相関関係を把握する力が必要です。また、目まぐるしく変化するネットワーク技術の流れに対応していかなければなりません。色々なことに興味や関心を持ち、常に新しい技術を習得する心掛けが求められます。
社員紹介:ネットワークエンジニア

連携を意識して力を合わせる

ネットワーク、ハードウェア、データセンターに関する部署の責任者としてチームをまとめるほか、私自身もネットワークの構築や営業支援など現場で仕事をしています。これまでに市町村合併や地方自治体の基幹業務システム導入に伴うネットワーク構築など様々な案件に携わってきましたが、多くの仕事はシステム(ソフトウェア)の導入に伴って立ち上がることが多く、メインとなるシステムの構築にスケジュールを合わせて、予定通りに稼働できるように端末の展開やサーバーの搬入を調整しています。何百台ものPCを扱う大規模なネットワーク構築では、課員全員の力を合わせて仕事に取り組みます。もちろん、他部門の協力も必要になりますので、定例会議や進捗会議を開き、お客様の窓口になっている営業やシステムエンジニアと認識に相違がないように確認しながら慎重に仕事を進めていきます。

“普通”を維持する難しさ

仕事の中で一番大変なのは障害対応です。事前に検証や動作確認をしっかりと行っていても、予期せぬトラブルはつきものです。ネットワークやハードウェアに障害が発生すると、全てのシステムが使用できない状況に繋がります。一番に考えることは一刻も早く「普通」に使えるように戻すこと。しかし、これが簡単そうで難しいのです。ある障害対応では、1週間ほど客先に詰めて復旧作業をしたこともありました。障害の原因をいかに早く見極めるかで復旧までの時間が変わりますが、こればかりは経験によるところが大きく、今までに携わった案件の数や内容で差が出ます。システムの起動にあたる部分を担っている関係で、日常のトラブル対応は会社の中で最も多いですが、その分、ユーザーとの距離感が近く、反響を感じやすいです。システムが上手く稼働すれば、お客様の満足感を強く実感できるのが嬉しいところです。

主役になる仕事をつくる

近年は、仮想化基盤の構築などシステムの導入とは関係なく、ネットワークの構築がメインとなる業務も増えてきました。仮想化とはサーバーの運用に関する技術のことで、お客様がハードウェアとソフトウェアをそれぞれのライフサイクルにあわせて適切に更新することが容易になります。また、ネットワークやハードウェアに対する世間の認識も変わってきました。東日本大震災以降、クラウドサービスやハウジングサービスなどデータセンターを利用したサービスもより注目されています。システム導入のサポートとしての役割も大切ですが、いつまでも脇役だけではいられません。今後はネットワークが主役となって顧客のニーズに応えていけるビジネスの確立を目指しています。

私の一日

7:50 出社
8:00 メール、監視ログチェック
9:30 営業同行
ある自治体に訪問して仮想化基盤構築について説明。仕組みをきちんと説明して、導入のメリットを正確に理解してもらう。
12:00 昼食
13:00 社内会議
14:00 仕様書作成
17:00 課内会議
システムの切り替えで大きなトラブルが起きないように、事前の検証や動作確認について課内でしっかりと協議する。
18:00 業務資料の作成・整理
21:00 帰宅